お知らせ

足と靴と健康協議会 (FHA) のニューヨーク研修にて講演をさせていただきました

足と靴と健康協議会 (FHA) のニューヨーク研修にて講演をさせていただきました

先生がプロデュースするパンプスブランド「dr mika h. new york」のパートナーでもある、横浜そごう百貨店カリスマシューフィッター林美樹氏を含む、シューフィッター養成認定機関「足と靴と健康協議会 (FHA) 」の皆様が、はるばる日本からニューヨークへ研修にいらっしゃいました。 今回は研修の一環として、林先生が足について講演をさせていただきました。同じ「足」に興味のある皆様との交流は、楽しいものでした。 FHAの皆様、これからの日本での活動、益々のご活躍お祈りしております。  

第10回日本下肢救済・足病学会学術集会にて、講演を行います

第10回日本下肢救済・足病学会学術集会にて、講演を行います

第10回日本下肢救済・足病学会学術集会にて、林先生が講演を行います。 学術集会についての詳細は、こちらをご覧ください。 ・7月12日(木)  インターナショナル・セッション ・7月13日(金) 「日米3女医 フットケアを斬る!」 ~米国足病医・皮膚科・形成外科の立場からどのように日本に足病学・フットケアを根付かせるかを考える~」     

全米日本語ラジオ「さくらラジオ」にて林先生のインタビューが放送されます

全米日本語ラジオ「さくらラジオ」にて林先生のインタビューが放送されます

全米で視聴ができる日本語インターネットラジオ・さくらラジオ「ラジオ ドクター」のコーナーにて、林先生のインタビューが放送されます。 放送時間は、来週火曜日5月29日午後3時・8時、30日深夜1時です。6月2日(土)午後7時45分にも再放送されますので、是非ご視聴下さい。 【さくらRADIO ラジオドクター:アーカイブ】  http://www.sakuraradio.com/arc_radiodoctor_1.html  

林先生がフジテレビ(アメリカ)に出演します

林先生がフジテレビ(アメリカ)に出演します

明日5月11日の「FCI News Catch!」のコーナーにて、林先生がパンプス・靴の選び方について話をします。 ウェブ上からも、再放送がご視聴できます。 【足病医に聞く!靴による足のダメージを防ぐには?】  

【女性の「履きたい!」に応えるハイヒール】繊研新聞に取り上げられました

【女性の「履きたい!」に応えるハイヒール】繊研新聞に取り上げられました

ドクターミカ x そごう百貨店 x 浅草靴職人がコラボして開発されたハイヒール【dr mika h. new york – ドクターミカ・エイチ・ニューヨーク】についての記事が、繊研新聞に掲載されました。 ウェブ版はこちらから↓↓ 【女性の「履きたい!」に応えるハイヒール】    

【dr mika h. new york】ウェブサイト開設のお知らせ

【dr mika h. new york】ウェブサイト開設のお知らせ

林先生が「そごう百貨店」とコラボして誕生した、ハイヒールブランド【dr mika h. new york -ドクターミカ エイチ ニューヨーク】のウェブサイトが開設されました。 https://www.drmikahnewyork.com/ 活動の詳細・アップデートにつきましては、当院のフェイスブックページをご覧ください。        

【そごう横浜店が足病医らと“美パンプス”発売】Yahoo! ヘッドラインニュースに取り上げられました

【そごう横浜店が足病医らと“美パンプス”発売】Yahoo! ヘッドラインニュースに取り上げられました

ドクターミカ x そごう百貨店 x 浅草靴職人がコラボして開発されたハイヒール【dr mika h. new york – ドクターミカ・エイチ・ニューヨーク】についての記事が、Yahoo! ヘッドラインニュースに取り上げられました。  

第16回日本フットケア学会年次学術集会にて、講演を行いました

第16回日本フットケア学会年次学術集会にて、講演を行いました

「フットの日 – 2/10」にちなみ、例年行われる日本フットケア学会年次学術集会にて、林先生が講演(テルモ株式会社共催)を行いました。今年は2月9日~11日の3日間、福岡国際会議場にて開催されました。 「慢性創傷を斬る!~米国足病医が観る難治性創傷へのロジカルアプローチとその治療法~」をテーマに、アメリカでの創傷ケアについて話をいたしました。講演当日は、400人以上の方々にお集まりいただきました。 共催にご協力いただいたテルモ株式会社様、どうもありがとうございました。

4月は「足の健康づくり月間」です!

4月は「足の健康づくり月間」です!

  みなさんは、毎日どのくらい「足のケアを」行っていますか?寿命を80年と考えると、一生のうちに歩く距離はおよそ15万km、地球約3周半分にもおよびます。これだけの距離を歩き続けるためにも、健康な足を保つことはとても大切ですね!そこで、今回は毎日少しずつ足のためにできることを、10項目にまとめてみました。 【1】鏡などで、自分の足裏の状態を毎日チェックしましょう。皮がむけている、硬くなっている、ひどく乾燥しているなど、気になる症状はみられませんか? 【2】水虫菌などへの感染を防ぐため、お風呂上がりには、指の間までしっかりと水分を拭き取りましょう。その後、クリームや保湿剤を用いて、足の乾燥を防ぎましょう。 【3】1年中ペデュキアを付けっぱなしにしている方、いませんか?爪が呼吸できなくなっています。冬場の数か月間は 、ペデュキアを落として爪をお休みさせてあげましょう。 【4】夏場は、足首や指の間までしっかりと日焼け止めクリームを塗りましょう。 【5】ふくらはぎや足首、足のストレッチを定期的に行いましょう。 【6】糖尿病または糖尿病予備軍の方は、1年に1度、必ず足病専門医を受診しましょう。 【7】健康的な食事と、適度な運動を心掛けましょう。すべての体重を受け止めている足にとって、体重の増えすぎはとても大きな負担となります。 【8】自分の足に合った靴をはいていますか?ハイヒール、フラットシューズ、底の薄いサンダルは、足に良い靴とは言えません。1週間のうちに履く回数を制限し「休足日」を作りましょう。 【9】年齢を重ねると、足の幅は少しずつ広くなります。数年に1度は足の大きさを測り、自分に合った正しい靴のサイズを知りましょう。 【10】公共の場(ジムやプールなど)では、決してはだしにならないようにしましょう。水虫菌、イボウイルスの感染につながります。自分専用のサンダルを履くようにしましょう。 いかがでしたか?大きな問題が起こる前に、日々の暮らしの中で足のためにできることを、少しずつ意識してみましょう。 いつまでも健康な足で、元気に歩いていられますように!    

「足病科とは?」NYジャピオンに記事が掲載されました。

「足病科とは?」NYジャピオンに記事が掲載されました。

NYジャピオン「健康のための心と体のメンテナンス」コラムに、林美香足病医の記事が掲載されました。今回の記事では、「足病科ではどのような治療が受けられるのか?」を詳しくご紹介しています。 日本人にはあまり馴染みのない足病専門医(ポダイアトリスト)ですが、近年は日本でもその重要性が認識され始めています。「足」の領域に特化した専門性と、受診可能な症状について解説していますので、ぜひご覧ください。 ・NYジャピオン:足の病気の専門医【前編】 ・NYジャピオン:足の病気の専門医【後編】      

1 2 3